アトピーについて

Atopic_dermatitis_child

アトピーとは

アトピーは、 IGEとい抗体がアレルゲンに過剰に反応し、ヒスタミンを使ってアレルゲンを追い出そうとする、アレルギー疾患の一つで、IGEとIGAは拮抗して存在しIGAが増えるとIGEが減ります。これについて、ある医者は、 ige 抗体が戦い続けるうちに無くなってしまうという可能性があると言っています。現在はIGAを増やせば、花粉症をはじめとするアレルギーやアトピーも症状は軽減します。

アトピーが治った人の殆どは、アトピーとなった原因、つまり器質的原因や生活環境による原因が分かった人が多いようです。ですので、アトピーを完治させるには、まずアトピーとなる原因を探る所から始めるのが、アトピー治療の早道と言えるようです。

 

アトピー性皮膚炎やアレルギーの治療の一つに、「アレルゲン除去」があります。

アレルゲンには、ダニやハウスダストがなっているケースが多く、アトピー患者がホコリのない無菌室に入ると、劇的にアトピーの症状が改善されるようです。アレルゲン除去によるアトピー治療は、部屋の掃除や換気をまめ行い、布団などの寝具を太陽の下で干すペースを増やすなどがあります。また、犬や猫の毛や皮膚、ペットについているダニも、アレルゲンの一つになります。ですので、アトピー性皮膚炎の方は、ペットを飼うのはなるべくやめたほうが賢明です。個々のアレルゲンは、医療機関の血液検査で調べることができます。

何がアレルゲンとなり、アトピーを引き起こしているか分からない場合には、医療機関で調べてアレルゲン除去の治療を行うようにしましょう。

アトピー性皮膚炎を克服させるには、患者主導でどのような方向性で治療を行うか決めなければ、実際に行う治療法の見極めが、医師から見ても難しくなり、その結果、患者が望んでいない方向に進んでしまう恐れがあります。

アトピー性皮膚炎の克服には、生活環境や将来を考えると、患者の個々人によってベクトルは様々です。今の症状を抑えるのが克服なのか、アトピーそのものを治すのが克服なのか、人によって望み方は変わります。

アトピーの治療で、問題視されるのが「ステロイド」というホルモン剤です。しかし、ステロイドの副作用に悩んだり、逆にステロイドを過剰に恐れて自己判断で使用しなくなり、症状が悪化したりするケースが最近増えているようです。皮膚がむけて出血している場合などは、医師の診断の元ステロイドをつかったほうが細菌感染などを防げます。ですので、自分が信頼おける医師を見つけ、医師の治療法に従うようにする事が大切です。

民間治療法を行う場合についても、中には自分に合わなかったり、いわゆるアトピービジネスの犠牲者になる人が多いのが現状です。悪徳療法の場合もありますので、きちんとした自己判断が必要になります。自分にとって、どのような状態が克服と考えるか確認する事が、アトピーの克服を考える為には大切な事だと言えます。 民間療法のみやステロイドのみという偏った考え方は止めたほうがいいでしょう。

ՏZ^[

Ags[j^[W