アトピー対策

アトピー対策として生活上注意すべき点

アトピーの根本的改善には、内臓を強くすることが、重要になります。

■皮膚を清潔にたもつ 

汗をかくと黄色ブドウ球菌が発生します。この、黄色ブドウ球菌がかゆみやアトピー症状の悪化を招きます。こまめにシャワーなどを浴びて清潔にしましょう。

■トランス脂肪酸の摂取を控える
■野菜や海草を多くとる 

ただし、生野菜よりも温野菜のものがいいです。

■甘いもの、加工食品、スナック菓子などは避ける
■できるだけ化学物質を身の回りから避ける
■早寝早起きを心がける 

不規則な生活は自律神経系のバランスを乱します。

■ストレスや疲労をためない 
これによって自立神経系を安定させホルモン系や免疫系のバランスがよくなります。

 

お風呂について

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚を清潔に保つことがとても大切です。しかし、普通の人と同じ入り方はしないほうがいいですよ。シャンプーは洗浄剤の中でも一番強い洗浄力をもつ洗剤だそうです。特に界面活性剤はアトピーの敵ですので注意が必要です。

肩やわきの下に湿疹ができているときは、やわらかい綿や絹の下着を着て、洋服が直接ふれないようにしてください。しかし、綿100%なら何でもいいということではありませんよ。レースなど、ザラザラしたものは避けたほうがいいです。

洗剤は、粉よりも液体のほうがいいです。

室内を清潔に保ち、適温・適湿の環境を心がけることも大切です。 室内は、アトピーのアレルゲンの要因が溜まりやすい場所でもあります、特に乾燥の時期はほこりが飛びやすいので注意が必要です。

ՏZ^[

Ags[j^[W