アトピー性皮膚炎

6cbe684156a48fb02c821bc4abff1563_s

アトピー性皮膚炎は代表的な現代病のひとつと言われ、小さな赤ちゃんから中高齢の男女を問わず、激しい痒みや湿疹に辛い思いをしている人も大勢いるのが現状です。その原因はある程度、解明されてはいますが、根本的な治療に繋がるような特効薬は残念ながら作られるに至ってはいません。

その為、ステロイドや塗り薬で症状を押さえ、良くなった皮膚の状態を日々のスキンケア・生活習慣でいかに保てるかが大切になってきます。

アトピー性皮膚炎は赤く炎症が起き、激しい痒みに襲われる為、小さい頃から患っている人にとっては、その感覚だけで「アトピーがでた」と分かるものですが、突然型の「大人アトピー」の場合、その当事者は、そのような症状に見舞われても、それが何の痒みや湿疹なのか分からないようです。

自分自身で判断の付かない場合、ネットなどで調べる人も多いと思いますが、「どうも、アトピー性皮膚炎のような気がする」と思ったら、まずは、早めに専門医の診断つまり皮膚科に行かれる事をお勧めします。アトピー性皮膚炎が近年増えている関係もあり、皮膚科専門医であれば、症状を観察し、幾つかの質問をするだけで、アトピーであるかどうかを判断できるでしょう。

 

アトピー性皮膚炎になぜなる

アトピー性皮膚炎はホコリやダニ、汗、食べ物といった特定の刺激に対してアレルギー反応を起こしてしまう人に発症するアレルギー症状の一種です。近年、アトピー性皮膚炎を発症する人が増えている背景には、強いストレスを感じ易い現代社会、加工食品などに含まれる添加物(特にリン)石鹸やシャンプー剤などに多く含まれる化学物質、極端な清潔志向 、などと言った要因が一般的に挙げられているようです。
アトピー性皮膚炎は生まれ持った器質的体質に上記のような要因が複合的に関与しあって発症にいたるケースがほとんどと思います。

しかし、最近はマスコミなどでもアトピー性皮膚炎が大きく取り上げられていることから、特に赤ちゃんを持つお母さんなどは少しのあせもや乳児湿疹にも神経質になり過ぎる傾向もあり、皮膚科に飛び込む人も多いようです。

知識が無いので仕方ないのですが、皮膚に何か問題が起きると何でもアトピーに結びつけてしまうのは問題です。アトピー性皮膚炎を考えるには、まず、しっかりとした知識を身に付ける事が肝心でしょう。

ՏZ^[

Ags[j^[W