スキンケア

7281530984_5fd7380beb_o

アトピー性皮膚炎の治療は近年、免疫抑制剤療法、光線療法なども試みられるようになってきていますが、本症の疾患の本体からいえば、やはり塗り薬が基本的治療と考えます。ところで、アトピー性皮膚炎とはどのような疾患でしょうか。保湿剤を使う必要がなぜあるのでしょうか。

アトピー性皮膚炎は、すでに様々な方面からのアプローチによって、その病態が少しずつ浮き彫りにされてきています。
アトピー性皮膚炎には、大きく分けて3つの側面があります。

①アトピー体質、という遺伝的素因
②それに起因する表皮、特に角層の異常、それによって生じる皮膚の乾燥・バリア機能異常、特異的アレルギー反応が関与して生じる炎症
③気候・発汗・精神的ストレスなど

こうした様々な因子が加わって生じる病態です。皮膚の症状は、乾燥し、鳥肌様のアトピー皮膚、特徴的な湿疹病変とその分布、これらが慢性に経過します。

アトピーにいいスキンケアは?

軟膏のワセリンでさえも、皮膚の汗腺を閉じてしまい、解毒反応の邪魔をします。どうしても肌の乾燥が気になる方は、解毒反応をあまり邪魔しないでかつ黄色ブドウ球菌を抑える保湿剤を使用してみてください。
また、アトピーに効くと言われる高額なスキンケア用品も出回っていますが、これはやめておいた方が無難です。これらは、余分な化学薬品が含まれている事が多く、アトピーの症状を抑える成分が自然治癒作用の邪魔をする事になるからです、しかしあまり安いものもやめたほうが無難です、いい商品を作るにはそこそこの研究費などがかかるからです。 

特に夏場は海水浴に行かれる方も多く、海の水は良いのですが、日焼けによる悪化が目立ちます、また日や目止めでかゆくなる人もいますので、注意が必要です。石鹸は余分な物が入っていない安い固形石鹸が良いでしょう。高額な石鹸やアトピー専用石鹸等はいろいろな余分な成分が含まれておりあまりおすすめ出来ません。
いずれにしても、個人個人で相性がありますので、使ってみてあまりよくないものはやめたほうがいいでしょう。

ՏZ^[

Ags[j^[W