ステロイド

2014y10m14d_024414028

アトピー ステロイド

副腎は腎臓の上に乗っていて、副腎はホルモンを分泌する器官です。副腎の外側部分の副腎皮質からは、炎症やアレルギーを抑える働きを持つホルモン、副腎皮質ホルモンが分泌されています。これと同じ成分を人工的に合成して、炎症を抑える働きを強くしたのがステロイド薬です。アトピーなどの症状を抑える外用薬や、点鼻薬、目薬、注射、喘息などに使われる内服薬にも使用されている場合があります。

アトピーのかゆさや炎症は本人にとってとても辛いものだから一時だけでもそのかゆさから開放されるためにステロイドを使うのはしかたないです。しかし、人間の身体はよくできていて、薬に対して順応します。ですから、だんだんその効き目がなくなり、さらに強い薬を使用するといった悪循環を生んでしまうことがあります。

あまり、症状がひどい場合はステロイドを使用することも必要になります。出血等で血が出ている場合などは、細菌感染の可能性もあるので、使用したほうがいいでしょう。ステロイド外用薬の長期使用による悪影響はこれまでも多く報告されています。ステロイドは、決して安易に使用していいものではありませんが、素人判断で脱ステは危険ですのでご注意ください。

ՏZ^[

Ags[j^[W