乾燥

rashes_princ_3f8693_scarlet_fever_424x302

アトピー性皮膚炎とはアレルギー疾患のひとつで、アトピー体質という遺伝的要素が関係しています。かゆみを伴った発疹が、初期段階として顔・首・肘・ひざなどに現れ、悪化すると全身に広がることもあります。ほとんどの方は 5 歳までに症状があらわれ、気管支喘息・アレルギー性鼻炎などの病気にかかりやすいようです。

寒くなり、乾燥するとアトピーが悪化する人が多いようですが、湿気のある梅雨時期や夏場にアトピーが悪化する人もいます。夏場に汗をくと黄色ブドウ球菌が発生しかゆみを誘発します。保湿を選ぶなら、黄色ブドウ球菌を押さえ保湿効果もあるマイシースクリームがお勧めです。

ՏZ^[

Ags[j^[W