アトピーと保湿

e2b45d47f8b9bbc993ac821cbf832955_s

アトピー性皮膚炎のかたの肌は、乾燥してカサカサの状態になっており、ひどい痒みに見舞われます。これは汗や皮脂の分泌能力が低下していることが原因です。 皮膚は外部からの刺激から体を保護する働きを持っていますが、アトピー性皮膚炎の患者さんの場合は、この能力が低下しており、汗やほこり、衣服や汚れ、ハウスダスト、化学物質、金属などに過敏に反応して、痒くなりやすい状態になっています。アトピーのかゆみによってかきむしってしまった結果、湿疹や傷ができてしまうと、炎症がさらに悪化してしまうという悪循環にもなります。

したがって、アトピー性皮膚炎の乾燥肌には、保湿が必要です。乾燥した肌を保湿してあげることで、痒みやムズムズを軽減し、かきむしりなどを抑えることで、人間の本来持つ自然治癒へともつながっていきます。

ՏZ^[

Ags[j^[W