アトピー入浴剤

b0b6941a83e457a827424bce5190e9cf_s

健康な皮膚の人であれば、食塩やイオウ、炭酸水素ナトリウムなどの含有した入浴剤は全く問題ありませんが、アトピーの人の場合は、角質剥離・溶解作用が逆に皮膚を傷める場合があります。ストレスを軽減でき、かつ皮膚に負担をかけないような入浴法が最もアトピー治療に適していると思います。

アトピーの入浴剤は何がいい?

アトピーの人の入浴剤は、なるべく自然の材質が中心のものがいいでしょう。ホメオパシー、整体、鍼灸、漢方など自然療法の治療院に通っているのであれば、そこの先生に相談してみてはいかがでしょうか?ただ、アトピーといっても症状などはさまざまですから、使用したときに症状が悪化するものは避けたほうが賢明です。

また、漢方をやっている医療機関でも、漢方系の入浴剤を作ってもらえます。

アトピーの症状が、漢方入浴剤によって改善されたとしても、薬等は急に止めず、医師と相談の上決めるようにしましょう。アトピーは、皮膚が乾燥しかゆみを伴いますが、抗菌性の高いヒノキチオール成分が入っている入浴剤を使う事で、かゆみを軽減させる事ができます。

ヒノキチオールとは、樹齢数百年のひばの樹木に多く含まれている天然成分で、抗菌や殺菌作用をもっていて、抗菌性成分が肌に浸透する事で、肌本来が持つ自然治癒力の手助けとなり、アトピーによるかゆみや乾燥の軽減に繋がるようです。 しかし、ヒノキチオールは合成成分ではなく、天然成分が配合されている入浴剤を使用しないと効果が期待できませんので、購入の際には注意してください。

ՏZ^[

Ags[j^[W