アトピーに効く

195851605_624

アトピー・アレルギーの原因となっている食べ物を食べないことはとても効果的ですし、アナキラフィシーなどの予防にも効果的です。

食事をつくるときに特に気をつけることが2つあります。

体を冷やす食品を避けること。
体の冷えとアトピーは密接に関係しています。

温野菜を多く食べること
温野菜にはビタミンやミネラル、ベータカロチン、食物繊維がたくさん入っています。亜鉛、鉄分、カルシウムといったミネラルは皮膚細胞の新陳代謝を促します。

体を冷やす食べ物と、体を温める食べ物があります。

体を冷やす食べ物(キーワード:青、白、緑)
水っぽいもの
水、酢、牛乳、ビール、ウイスキー、コーラ、ジュース、生野菜サラダ
南方産
バナナ、パイナップル、みかん、レモン、メロン、トマト、キュウリ、スイカ、コーヒー、緑茶
白っぽいもの
白砂糖、化学調味料、化学薬品
柔らかいもの
パン、バター、マヨネーズ、クリーム
上記のものが体を冷やすと言われている食べ物ですが、これらを食べてはいけないわけではありません。 

 

☆体を温める食べ物(キーワード:赤、黒、オレンジ)

根菜類
ごぼう、にんじん、レンコン、ねぎ、たまねぎ、山芋
動物食品
赤身の肉、卵、チーズ、魚、魚介類
北方産の果物
りんご、さくらんぼ、ぶどう、プルーン
塩気のある食べ物
味噌、しょうゆ、明太子、ちりめんじゃこ、漬物、佃煮
わかりやすく言うと、暖かい地方で食べられているもの、たとえばバナナなどは身体を冷やし、東北など寒い地方のものは身体を温めるということです。

ՏZ^[

Ags[j^[W