妊婦とアトピー

妊婦

アトピーがある女性は、妊娠中に、子どもにアトピーがなるべく出ないように、 食事にも気を使うと思います。もちろん、アトピーでない人も、元気な赤ちゃんのために食事や生活に気を配っているのは同じですね。

ただ、お母さんがアトピーでなくても、子どもにアトピーがでるというケースも少なくありませんので、遺伝ということにそれほど神経質になる必要もなさそうです。

アトピーの場合、いろいろな刺激にたいしてデリケートになっているので食事はもちろん気をつけたいことです。アトピーを赤ちゃんに発症させないためには、妊娠中に卵・牛乳。大豆の3大アレルゲンをとらないことが有効と言われていますが、このことを神経質に捕らえるあまり、お母さんのストレスが大きくなってしまっては本末転倒。

心配しすぎはアトピーにとって、よくありません。むしろ、好きな食べ物も上手に取り入れてリラックスして、幸せな気持ちで食事を楽しむことも大事です。好きなものを食べて、おいしいと感じるとき、人は幸福を感じますね。これがアトピーの人にとっては大切なことでもあります。

あまりかゆみなどの症状がひどいときは薬も絶対ダメと思わず、がまんしすぎないおおらかさも大事です。

 

管理人の見解

妊娠中は、体重の増加や腰椎に胎児と羊水の負担がかかることにより、腰痛や坐骨神経痛になる方が多いようです。一般的に「安定期になるまで、気を付けたほうが良い」と考える方が多く、痛みがあっても治療しないことがあります。しかし、妊娠中は、治療が危険ということはありません。

骨盤を矯正し、骨盤の位置を正常な状態に戻すと、痛みの原因が取り除かれます。また、子宮の状態がよくなると、胎児の内部環境がよくなり、栄養がゆきわたりやすくなります。痛みを耐えていると、体力が奪われます。骨盤矯正でつわりや陣痛が和らぐことは、体力の維持にも大変良い効果をもたらします。

ՏZ^[

Ags[j^[W