アトピー治療

IMG_1567

アトピー 治療

「ステロイド」は、アトピーの有名な治療薬です。いわゆるステロイドホルモンのメリットが強くなるように作られたものが、ステロイドです。別名を、「副腎皮質ホルモン」といいます。アトピーやアレルギーの薬としてのメリットは大きいですが、皮膚萎縮、緑内障、高血糖、白内障、副腎萎縮などの副作用もあります。

アトピーを解消するのには、生活習慣を見直すことも大切です。アトピーの原因は、ダニだったりもするので、部屋の掃除などをして、ダニを駆除しましょう。

アレルギーというのは、免疫をコントロールする細胞が、不安定になってしまった結果、アレルギーが発生します。そのために、この細胞のバランスを整えることが、アレルギー治療として大切になります。

 

管理人の見解

わたしの目的とする治療は、皮膚に軟膏をつけて、症状を治めるような療法ではありません。どこに原因があるのかを探り当て、原因となっているものを治していこうしていくものです。症状になっている部分を治すという対処療法、症状療法ではなく、原因となっているもとの部分を治していこうとする根本療法によるものです。

たとえば、花粉症の子どもは、対処療法では鼻の通りを薬でよくしたりするものですが、根本療法から診れば、胸部に左右差があり、呼吸がうまくできなくて、そのため頭蓋骨が変形している場合が多いです。
椎間板ヘルニアに関しても、ヘルニアの部分を手術しても、またヘルニアに罹る人も多いです。 症状の表れた部分には、原因はない からです。

ՏZ^[

Ags[j^[W