アトピーと温泉

温泉

温泉の成分によって異なりますが、酸性などの源泉の種類によっては、アトピーに効くといわれる温泉があります。酸性水の主な作用は、殺菌作用です。

アトピーの原因のひとつに皮膚の黄色ブドウ球菌がアトピーを悪化させます。 酸性の温泉は、その黄色ブドウ球菌に対する殺菌効果で効能を示すと言われています。

しかし、温泉に依存しすぎることで適切な治療を受けないと、アトピーが悪化することもありますので気をつけましょう。

アトピー治療に温泉療法がおススメなのは副作用の心配があまりないことがあげられます。しかし、自分に合わない温泉に入ると悪化する人もいるので注意が必要です。温泉療法を選択する人は、基本的に脱ステロイドを目指しています。その過程において温泉の利用は有効です。

アトピー性皮膚炎の治療では 何よりも黄色ブドウ球菌を多くしないように、皮膚を清潔な状態に保つ事が重要です。

アトピーに効くと言われる温泉療法ですが、温泉療法とは温泉を利用して病気や外傷を治療する方法のことです。

また、温泉に入るとストレス解消効果もあります。アトピーによるかゆみなどで精神的・肉体的ストレスもアトピーの改善を遅らせる原因でもあります。しかし、温泉に入り身も心もリラックスすることで自律神経が安定しストレスの解消に大きく役立ちます。

温泉湯治療法は一日に数回(できれば、専門家か医師に相談が良い)温泉に入るのが良いとされています。温泉に数回はいることで皮膚は常に清潔に保つことができ、効果的に治療を行うことが出来ます。

ՏZ^[

Ags[j^[W