皮膚科

皮膚科

アトピー 皮膚科

アトピー性皮膚炎かどうかを調べたり、原因を調べる方法の一つに、病院で行う「皮膚検査」があります。
病院の皮膚検査には、二つの種類があります。

 

アトピー性皮膚炎:皮膚検査

パッチテスト

アレルゲンと思われる物質を、皮膚に直接貼り付けて反応を見る検査です。皮膚に貼り付けた状態で、48 時間、72 時間の区切りで調べ、赤くなるなどの反応が出るか判断をする皮膚検査になります。

スクラッチテスト

アトピーの原因物質だと思われるアレルギー物質を、皮膚にたらして、針で少し皮膚を傷つけます。 15 分後に赤くなったり、蚊に刺されたような湿疹が出来ると、たらしたアレルギー物質がアトピー性皮膚炎の原因と考えられます。

ՏZ^[

Ags[j^[W