赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

赤ちゃん (1)

赤ちゃん の アトピー性皮膚炎 の経過は人によって様々です。 赤ちゃん 自身に アトピー体質、あるいは アトピー の要素を持っているところに、色々なな刺激が加ることにより アトピー性皮膚炎 の症状が出てきます。 アトピー性皮膚炎 の症状が出ると強いかゆみが持続し、かきむしることによって症状はさらに悪化していきます。赤ちゃん自身に食物アレルギーやダニアレルギーなどのアレルギーがあることが多く、また両親や兄弟・姉妹にも アトピーや花粉症などのアレルギー体質がある場合が多いようです。

赤ちゃん特に新生児期には アトピー性皮膚炎 と確定診断しない医師が多いですが、その炎症は頭部や顔に始まり、次第に全身に及びます。そして体幹、手足に下降状に広がります。生後 2 ~ 3 カ月ごろから 1 才ごろまでの乳児 アトピー性皮膚炎 は、顔面を中心としたジュクジュクとした湿疹が出ます。これらの症状は乳児脂漏性湿疹とよく似ていますが、 アトピー性皮膚炎 の場合は、耳切れといって耳のつけ根がただれて切れたような症状が、特徴的です。

赤ちゃんのアトピー の場合、離乳食が進むにつれ、特定の食品(特にたんぱく質など)の摂取により、激しい痒みが誘発されるようであれば、食物アレルギーの関与を疑わざるをえない。このような場合には除去食が必要になるが、 2 歳以降になると血液検査が陽性でも摂取可能になることも良くある為、定期的に確認していくことが必要となってくる。

幼児期から学童期にかけてはカサカサ肌を基礎とし、特に肘や膝の内側などの柔らかい部分に、掻き傷や湿疹が見られることが多くなります。しかし、多くの小児アトピー性皮膚炎 の子供達は、角質のバリア機能の成長とともに序々にカサつきが減り、痒みに強い肌になっていきます。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎 の特徴は 1 才前に発症することが多く、 0 ~ 1 才までは食物アレルギーが、症状をより悪化させる特徴があります。 赤ちゃん の アトピー性皮膚炎 の原因になる食物として、 0 才では卵、牛乳、小麦、大豆などが代表的です。ただし、食物アレルギーと アトピー性皮膚炎 は決してイコールではありません。疑いがある場合は、小児科か皮膚科で血液検査だけでなく、皮膚で食物アレルギーの検査を受けて、アレルギー反応が強い子はアナキラフィシーが心配ですので、医師の指示に従いましょう。また、やみくもな食事制限は、栄養障害を起こす危険性もあるので、決して素人判断はせずに専門家の指導を受けましょう。

検査は、血液を採ったり皮膚テストをして、食物に反応してアレルギーを起こす抗体があるかどうかを調べます。もし、特定の食物に反応する抗体が見つかれば、実際に、その食物をやめてみて皮膚炎が良くなるかどうか、食べると悪化するかどうかを 調べ、本当にその食物が原因かどうかをはっきりさせます。

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

赤ちゃんのアトピーの原因は、おなかの中にいる10ヶ月にあります。赤ちゃんは母体のおなかの中で、細胞分裂をして、大きくなります。このときに皮膚が作られるときに、子宮の環境が悪いとアトピーになり、また、呼吸器が作られるときに、子宮の環境が悪いと喘息になりやすいのです。

赤ちゃんは肝臓-前頭骨タイプがほとんど!

アトピーの赤ちゃんの肋骨や、横隔膜を触診してみると、右の肋骨の動きが悪い人が多いのです。これは、右の横隔膜が下垂していることにより、肝臓を圧迫し、肝臓本来の持っている働きが制限されているのです。この場合の施術は、前頭骨を動かして、肝臓の変位を正す方法と、横隔膜を矯正して、肝臓の圧迫をリリースする方法があります。

赤ちゃんも成人同様、アトピーを治すということでなく、内臓や、頭蓋骨の状態を良くし、アトピーが必要でないからだにすることを目的とします。基本的に人間の体の反応で不要なものはありません。アトピーの子供も、アトピーが必要な体なので、アトピーをだして、バランスをとっています。対症療法で、消そうとしても、またすぐに出てくるのは、それが必要な体なので、さきにそれらの症状が必要でない体にしなくてはならないのです。

ՏZ^[

Ags[j^[W