食事

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s

アトピーと食事

アトピーの方の食事で注意することは、まずはアレルゲンを避けることです。大人になると食べれるものもかなり増えてきますが、やはりアナキラフィシーが心配です。

あとは、胃腸に負担をあまりかけないようにすることが重要です。過食は胃腸に負担を強いて弱らせるだけでなく未消化の原因になります。未消化の食材が胃腸から吸収されると、体はその食材をうまく処理することができないため、代謝産物をアレルゲンと認識してアレルギーの発症につながる場合があります。これを避けるためにも食事は腹八分目がおススメ。そして、胃腸への負担を少しでも小さくするために咀嚼は十分にして食事をしましょう。

 

アトピーにいい食事は?

1970 年代のイヌイット(エスキモー)を対象にした疫学 調査で、イヌイットには脳血栓や心筋梗塞などの血栓症が 非常に少ないことがわかりました。彼らが常食しているの
は、青魚やアザラシで、それらに豊富に含まれているのが EPA(エイコサ・ペンタ・エン酸)・DHA(ドコサ・ヘキサ・エン酸) などの脂肪酸です。

日本でも漁村と農村に住む人を比較したところ、漁村の住民の血液には農村住民の約2倍のEPAが含まれ、血栓症による死亡率も低いという調査結果もあります。
このことから血栓症の低さは、遺伝ではなく食生活(脂肪酸)に起因することが明らかになりました。

DHAとは、魚介類の目の裏などに多く含まれる、不飽和脂肪酸。血液中の中性脂肪やコレステロール濃度を低くして、血液をサラサラにするほか、脳の神経細胞のシナプスに含まれ、情報伝達をスムーズにすることが知られています。

アトピーやアレルギーの症状が悪化する原因は、リノール酸のとりすぎがあります。
リノール酸・・・オメガ6系

食品から摂る必要のある必須脂肪酸。 しかし過剰な摂取がHDLコレステロールを減少させ、発ガン促進やアレルギー発症も指摘されている。

 

α-リノレン摂取のすすめ

α‐リノレン酸は、摂取後体内で EPA(エイコサペンタエン酸)にその一部が変化し、変化し
たEPAの一部が DHA(ドコサヘキサエン酸)に変化します。 EPAは、血液凝固(血栓)を防ぐ効果を持ち、DHAは、脳神経細胞の保護作用があり、ボケ予防などに期待されている。

ՏZ^[

Ags[j^[W